HOME > セミナー開催アーカイブ > 73_東京オープンセミナー

主なセミナー内容

近年の晩婚化、晩産化の影響もあり、不妊カップルは増加しており、不妊治療を行ったことのあるカップルは5組に1組と言われています。日本には専門施設が約1000にも上り、世界最多の不妊治療施設大国となりました。現在では顕微授精が治療法の80%を占めるまでになっていますが、異常のある精子でも受精するリスクがあることについての認知が日本では進んでいません。本来はできるだけ顕微授精を避け、不可避な場合には注入する精子の品質管理を徹底する必要があること等、健常児を生むために必須な知識をわかりやすく解説します。

講師プロフィール

1987年慶應義塾大学医学部卒業。95年同大学院卒業、医学博士。東京大学医科学研究所での研究生活を経て97年に慶応義塾大学産科医長に就任。健康な精子を細胞レベルで見分け、DNA損傷まで確認できる高い技術を生み出し「黒田メソッド」として確立。精子学を25年にわたって研究し続けてきた世界でもまれな精子治療の第一人者。「黒田メソッド」を臨床で使うことを決意し、2000年に黒田インターナショナルメディカルリプロダクション設立。

NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会主催

第73回東京オープンセミナー

日 時

2016年10月5日(水18:30193018:00 開場

会 場

ARICEホールディングスグループ セミナールーム

東京都中央区銀座1丁目19.13 丸美屋ビル6F

講 師

精子治療の第一人者 黒田優佳子(くろだ・ゆかこ)氏

主催

NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会主催

お問い合わせ

RMCA事務局まで 

TEL:03-6892-4106

申し込み〆切

8月22日(月)〆切

※定員になり次第申込は締切となります。

後援

創新ネットシティ

セミナー&懇親会費用

マスター

無料

CRO

無料

シニア会員

無料

法人会員

無料(5名様まで)

会員紹介

2,500円

特定会員

2,000円(税込)(FRM・BCM-RM・RREM・リスク診断士)

一般会員

2,500円(税込)   

非会員

5,000円(税込)

☆参加費につきましては、当日受付にてお支払いください。

☆当日会場でのテープ録音・ビデオ撮影はお断り致しております。

お問い合わせ