法人のお客様へ

リスクマネジメント資格

HOME > 法人のお客様へ

法人会員制度

■法人会員

・当協会の趣旨及び活動にご賛同いただける企業・法人

入会金(税込)
30,000円 
会費(税込)
月額10,000円  (毎月27日口座振替)

■特典

【貴社の取り組みをマーケットに広める機会を提供】

◆当協会とのリスクマネジメントセミナー共催(年複数回)
◆メールマガジンへの寄稿
◆会報誌等での貴社サービス・製品のお知らせ

【貴社関係者の知識習得機会を提供】

◆オープンセミナーへの無料参加(3名様/回まで) 
◆資格会員の年会費無料(3名様まで ※3名様以上は1名につき10,000円税込)
◆各委員会への参加、専門部会の企画・運営機会提供

【会報等のお届け】

◆会報誌「Risk Management Age」(季刊)

リスクマネジメント資格

リスクマネジメント資格

リスクマネジメント資格

リスクマネジメント資格

特別会員制度

■特別会員

・当協会の目的に賛同し、理事会の承認をもって入会する組織及び団体
・リスクマネジメント教育に取り組む大学・大学院、NPO、各種団体が対象

入会金(税込)
0円 
会費(税込)
0円

【サービス相関図】

リスクマネジメント資格

リスクマネジメント資格

認定プログラム 「リスクマネジメント企業研修

■法人会員

リスクマネジメントへの取組みは新会社法の中でも明文化されています。
そして、全社的なリスク管理を実現するためには、従業員教育が必要不可欠です。
弊社は長年に渡りリスクマネジメントに特化した教育・研修事業を行っています。現在においては。NPO法人 日本リスクマネジャー&コンサルタント協会の資格認定講座も弊社が開発したコースをメインのコースとして頂いております。

しかし、個人として資格取得を行うことだけでは、組織の中でリスク感性の高い人員を生み出すのは中々難しいのが実態です。下記のような企業研修を行うことで従業員全員にリスクマネジメントの重要性や必要性を同じ温度で感じて頂くことが可能になります。
また、グループ演習等を行うことにより自社のリスク環境を前提とした演習を行うことも可能ですし、4日間コースにおいて自社のリスク管理規程書のたたき台を作成する事も可能です。

対象者や知識レベル、時間に応じて下記のように様々なプログラムを用意しておりますので、是非ご検討頂ければ幸いです。また、よりプロフェッショナルな特定の人材を育成するためには、RMCAの各種リスクマネジャーの養成コースを活用下さい。を活用下さい。

■リスクマネジメント研修:以下参照

基礎研修(導入編)
基礎研修(実践編)
1日コース(個人演習付)
2日コース(グループ演習付)
4日コース(グループ演習付)

リスクマネジメント研修: 基礎研修(導入編)

テーマ
リスクマネジメント 基礎
コース開発&講師
株式会社日本リスク総研 代表取締役 松本 一成
主な対象者
・企業経営者・役員等の企業経営のリスク管理の責任を負う立場にある方々及びその業務を執行するCRO・リスクマネジャー等
・中小企業診断士、税理士、社労士、保険代理店等のリスクの視点から企業に対してコンサルティングを提供する立場の専門家
目的
企業におけるリスクマネジメントの必要性及び基礎知識を学びます
目標
・近年の社会環境の変化からリスクマネジメントの重要性について認識する
・正しくリスクマネジメントを理解し、自社及び自分の業務との関連性を理解する

No
時間
テーマ
目的
内容
1
3時間
RMの正しい理解と必要性の認識 会社の目的・存在意義の理解 ・組織の原点
・あるべき姿の実現のために
・何を期待されているのか?
リスクとは何か?リスクマネジメントとは何か?
それが一人一人の仕事業務とどのように関わっているのかを理解する。
・リスクとは?
・リスクマネジメントとは?
・リスクマネジメントは誰のため?
・利害関係者への影響は?
・存続・発展を阻害するもの
リスクマネジメントの必要性・重要性を理解する ・日本社会の変化
・価値観・感性の違いと変化
・法律改定
・雇用環境の変化
2
リスクマネジメントの基礎知識 事件・事故がどのように発生するかを理解する ・損失発生のメカニズム
・事例(自動車事故)
・コンプライアンス違反のハザード
・リスクマネジメント活動の全体像
リスクマネジメントの全体像を理解する ・コーポレートガバナンスとは?
・内部統制、新会社法とは?
・コンプライアンスとは?
・CSR(企業の社会的責任)とは?
リスクマネジメントを実践していくとはどういうことか?
具体的なリスク対策を知ることで理解を深める
企業におけるリスクマネジメントの進め方の基本を学ぶ
・リスクマネジメントの手順
・リスク対策の全体像
・リスクマネジメント体制の構築
・内部通報制度の必要性
・リスクマネジメント規程書の作成
・事業計画にリスクの視点を

基礎研修(実践編)

テーマ
リスクマネジメント 実践
コース開発&講師
株式会社日本リスク総研 代表取締役 松本 一成
主な対象者
・企業経営者・役員等の企業経営のリスク管理の責任を負う立場にある方々及びその業務を執行するCRO・リスクマネジャー等
・中小企業診断士、税理士、社労士、保険代理店等のリスクの視点から企業に対してコンサルティングを提供する立場の専門家
目的
企業におけるリスクマネジメントの実施の手順を学びます
目標
・リスクの調査・分析、リスク対策の検討までの手順を理解し、実践する知識を習得する
・様々なリスク対策手法を学び、最適なリスク対策を実施する知識を習得する

No
時間
テーマ
目的
内容
1
3時間
リスクの本質 リスクマネジメント経営の目的の理解
事件・事故発生の必然性の理解
・あるべき姿の実現のために
・安定した経営の実現のために
・存続・発展を阻害するもの
・損失発生のメカニズム
2
リスク環境の把握 リスクマネジメントの手順の理解
リスク環境を把握することの重要性
リスクの調査・分析の手順と方法の理解
ハザード分析の手順と方法の理解
・リスクマネジメントの手順
・リスクの洗い出し
・様々なリスクについて
・リスク調査の手法とポイント
・リスク分析
・リスクマトリクス①
・リスクマトリクス②
・ハザード分析
・ハザード分析の種類
3
リスク対策の実践 リスク対策の全体像と実践手法の理解
具体的なリスク対策知識の習得
リスク対策を継続するための知識の習得
・リスク対策の全体像
・リスクファイナンシング
・リスクコントロール
・事前対策
・事後対策
・危機管理体制の構築
・最適手法の選択と実行
・RMの評価
・リスク対策の維持

1日コース(個人演習付)

テーマ
リスクマネジメント 実践研修(1日間コース)
コース開発&講師
株式会社日本リスク総研 代表取締役 松本 一成
主な対象者
・企業経営者・役員等の企業経営のリスク管理の責任を負う立場にある方々及びその業務を執行するCRO・リスクマネジャー等
・中小企業診断士、税理士、社労士、保険代理店等のリスクの視点から企業に対してコンサルティングを提供する立場の専門家
目的
企業におけるリスクマネジメントの必要性及び基礎知識を学び、リスクマネジメントを組織内で実践する手順を学びます
目標
・近年の社会環境の変化からリスクマネジメントの重要性について認識する
・正しくリスクマネジメントを理解し、自社及び自分の業務との関連性を理解する
・リスクの調査・分析、リスク対策の検討までの手順を理解し、実践する知識を習得する
・様々なリスク対策手法を学び、最適なリスク対策を実施する知識を習得する 

No
時間
テーマ
目的
内容
1
10:00

11:00
RMの正しい理解と必要性の認識 会社の目的・存在意義の理解 ・組織の原点
・あるべき姿の実現のために
・何を期待されているのか?
リスクとは何か?リスクマネジメントとは何か?
それが一人一人の仕事業務とどのように関わっているのかを理解する。
・リスクとは?
・リスクマネジメントとは?
・リスクマネジメントは誰のため?
・利害関係者への影響は?
・存続・発展を阻害するもの
リスクマネジメントの必要性・重要性を理解する ・日本社会の変化
・価値観・感性の違いと変化
・法律改定
・雇用環境の変化
2
11:00

12:00
リスクマネジメントの基礎知識 事件・事故がどのように発生するかを理解する ・損失発生のメカニズム
・事例(自動車事故)
・コンプライアンス違反のハザード
・リスクマネジメント活動の全体像
リスクマネジメントの全体像を理解する ・コーポレートガバナンスとは?
・内部統制、新会社法とは?
・コンプライアンスとは?
・CSR(企業の社会的責任)とは?
 
12:00

13:00
昼食
3
13:00

15:00
リスク環境の把握 リスクマネジメントの手順の理解
リスク環境を把握することの重要性
リスクの調査・分析の手順と方法の理解
ハザード分析の手順と方法の理解
・リスクマネジメントの手順
・リスクマネジメント体制の構築
・リスクの洗い出し
・様々なリスクについて
・リスク調査の手法とポイント
  (個人演習1:リスク調査)
・リスク分析
・リスクマトリクス①
・リスクマトリクス②
  (個人演習2:リスク分析)
・ハザード分析
・ハザード分析の種類
4
15:00

17:00
リスク対策の実践 リスク対策の全体像と実践手法の理解
具体的なリスク対策知識の習得
リスク対策を継続するための知識の習得
求められる体制の理解
・リスク対策の全体像
・リスクファイナンシング
・リスクコントロール
・事前対策
・事後対策
・危機管理体制の構築
・最適手法の選択と実行
  (個人演習3:リスク対策の検討)
・RMの評価
・リスク対策の維持
・内部通報制度の必要性
・リスクマネジメント規程書の作成
・事業計画にリスクの視点を

2日コース(グループ演習付)

テーマ
リスクマネジメント 実践研修(2日間コース)
コース開発&講師
株式会社日本リスク総研 代表取締役 松本 一成
主な対象者
・企業経営者・役員等の企業経営のリスク管理の責任を負う立場にある方々及びその業務を執行するCRO・リスクマネジャー等
・中小企業診断士、税理士、社労士、保険代理店等のリスクの視点から企業に対してコンサルティングを提供する立場の専門家
目的
リスク管理担当者・管理職・役員の育成
目標
・近年の社会環境の変化からリスクマネジメントの重要性について認識する
・正しくリスクマネジメントを理解し、自社及び自分の業務との関連性を理解する
・リスクの調査・分析、リスク対策の検討までの手順を理解し、実践する知識を習得する
・様々なリスク対策手法を学び、最適なリスク対策を実施する知識を習得する
・グループ演習及び発表を通して、実務を体感して頂き、実践で活きるノウハウを習得する 

時間
テーマ
目的
内容
9:00

12:00
リスクマネジメントの基礎知識 リスクとは何か?リスクマネジメントとは何か?
それが一人一人の仕事業務とどのように関わっているのかを理解する。
・リスクとは?
・リスクマネジメントとは?
・リスクマネジメントは誰のため?
・利害関係者への影響は?
・存続・発展を阻害するもの
リスクマネジメントの必要性・重要性を理解する ・日本社会の変化
・価値観・感性の違いと変化
・法律改定
・雇用環境の変化
事件・事故がどのように発生するかを理解する ・損失発生のメカニズム
・事例(自動車事故)
・コンプライアンス違反のハザード
・リスクマネジメント活動の全体像
12:00

13:00
昼食
13:00

14:15
リスク調査 リスク調査の基本的知識と手順を学びます ・リスク評価とは?
・リスク調査の視点
・一般的リスク分類によるリスク
・発生リスクと派生リスクの把握
・リスク調査の手法
・リスク調査のポイント
14:15

15:00
グループ演習 ・リスクの洗い出し
・ロス項目の洗い出し
15:00

16:15
リスク分析 リスク分析に関わる基礎知識と手順を学びます ・リスク分析とは?
・リスク分析手法
・リスクマトリクスの作成
・リスクマトリクスの活用
・リスクマトリクスへのプロット
・リスク分析のポイント
16:15

17:00
グループ演習 ・リスクの分析
・リスクマトリクスの作成

4日コース(グループ演習付)

テーマ
リスクマネジメント 実践研修(4日間コース)
コース開発&講師
株式会社日本リスク総研 代表取締役 松本 一成
主な対象者
・企業経営者・役員等の企業経営のリスク管理の責任を負う立場にある方々及びその業務を執行するCRO・リスクマネジャー等
・中小企業診断士、税理士、社労士、保険代理店等のリスクの視点から企業に対してコンサルティングを提供する立場の専門家
目的
リスク管理担当者・管理職・役員の育成
目標
・近年の社会環境の変化からリスクマネジメントの必要性・重要性について認識する
・リスクの調査・分析・対策検討までの手順を理解し、現場においてリスクマネジャー・CROとして貢献する能力と知識を習得する
・様々なリスク対策手法を学び、最適なリスク対策を実施する知識を習得する
・リスクマネジャーとして全社的な視点からリスクを捉え、リスク管理規程書等を作成する事が出来るようになる
・事業計画にリスクの視点を導入し、財務の視点からもリスクマネジメントを見ることが出来るようになる  

時間
テーマ
目的
内容
10:00

10:10
イントロダクション ・講義の全体像の理解
・講座の目的
・講師プロフィール等
・コース説明
・施設説明
・自己紹介
10:10

11:00
リスクマネジメントの基礎知識 ・リスクマネジメントの基本を理解する
・リスクマネジメントの重要性・必要性を理解する
・変化するビジネス環境を把握する
・リスクとは?リスクマネジメントとは?
・組織の前提条件
・日本社会の大きな流れ
・組織内ギャップ
・コンプライアンスが求められる時代
・CSR(企業の社会的責任)
11:00

12:00
リスク管理経営の基本と計画 ・経営の基本を知る
・マネジメントとは?
・理念とビジョンの重要性を知る
・法規制とリスクマネジメント
・事業計画の必要性を知る
・自社の存在意義を知る
・自社を取り巻く環境変化を理解する
・リスクマネジメント経営とは?
・PDCAの基本
・事業計画の必要性
・理念とビジョン
・新会社法における内部統制
・日本版SOX法
・コーポレートガバナンスとは?
・経営環境を把握する 
12:00

13:00
昼食
13:00

14:00
リスク管理体制の構築 ・リスクマネジメントを推進するための組織体制を理解する
・リスクマネジャーやCROの職責を理解する
・社員研修・教育の重要性を理解する
・情報の伝達と浸透の方法論を検討する
・リスク管理体制構築の基礎知識
・社内のリスク担当部署を設置する
・リスクマネジャー(CRO)等の育成
・内部通報制度の構築 
・教育・研修体制の構築
・リスク感性の醸成 
14:00

16:00
リスク調査 ・リスクの洗い出しの手順を理解する
・リスクの洗い出し手法を知る
・企業を取り巻くリスクを幅広く知る
・リスク調査のポイントを理解する 
・リスクマネジメントのプロセス
・用語の定義
・リスク洗い出しの視点
・企業を取り巻くリスク
・発生リスクと派生リスク
・リスク調査の手法
・リスク調査のポイント
16:00

18:00
リスク調査(演習) リスクの洗い出しの実務と手順を理解する  リスク調査票を用いたグループ演習を行う