企業研修

HOME > 企業研修

■リスクマネジメント企業研修

リスクは絶えず移り変わり、また変動する、従って個人ではなく組織として対応する必要がある。
リスクマネジメントの実務の専門家集団であり22年の実績を誇る当協会は日本企業のリスクマネジメント対応力の向上を支援することにより、よりよい企業市民を育成する事で日本経済を活性化する目標の一貫として本企業研修を実施しています。
幅広いリスクマネジメントの入口である基礎講座から各専門領域まで当協会だからこそ提供できる渾身のラインナップ。企業様のニーズに合わせ、「選び」「組み合わせ」ぜひ有効活用をして下さい。

■コースの概略

研修コース名称 (担当講師)

①リスクマネジメント基礎講座 LinkIcon

  • 松本 一成/株式会社日本リスク総研 代表取締役/当協会理事
  • 所要時間:4H程度 ISO31000対応、リスクマネジメント及びリスクマネジメント経営の基礎を学びます。

②リスクマネジメント実践実務LinkIcon

  • 松本 一成/株式会社日本リスク総研 代表取締役/当協会理事
  • 所要時間:24H程度 ISO31000対応、リスクマネジメント規定書作成指導、個人演習含む

③リスクマネジメント基礎講座(保険代理業向け) LinkIcon

  • 松本 一成/株式会社日本リスク総研 代表取締役/当協会理事
  • 所要時間:4H程度 ISO31000対応、リスクファイナンシングにおける保険の活用を詳しく解説します。

④事業継続マネジメントLinkIcon

  • 前田 泉/BCI Japan Chapter 名誉理事/当協会副理事長
  • 所要時間:8H程度 ISO22301対応、事業継続マネジメントのPDCAから、各プロセスにおけるポイント青果物等について解説、ワークショップを含みます。

⑤IMS/統合マネジメントLinkIcon

  • 畑 寛和/株式会社エイチ・フォー 代表取締役
  • 所要時間:8H程度 ISO22301対応、事業継続マネジメントを起点とした各種マネジメントシステムの統合、導入、維持、改善までを詳しく解説します。

⑥経理・財務リスク対応LinkIcon

  • 石浦 一喜/株式会社とんがりコラボ 代表取締役
  • 所要時間:12H程度(例:3回コース) ビジネスパーソンに必要な 1)決算書を読めること 2)簡単な経営分析ができること 3)資金の流れが理解できること 4)最後にマネジメント手法を知ること を習得します。

⑦危機管理広報LinkIcon

  • 風間 眞一/風間眞一事務所 所長/当協会顧問
  • 所要時間:1.5H程度 危機管理広報の目的と実務のポイントを解説します。

⑧ハラスメント防止対策 (従業員に関わるリスク対応①)LinkIcon

  • 毎熊 典子/フランテック法律事務所所属/特定社会保険労務士/当協会評議員
  • 所要時間:1.5H程度 職場内においてハラスメントの被害者・加害者を作らないためのポイントを解説します。

⑨新型労務リスク対策(従業員に関わるリスク対応②)LinkIcon

  • 毎熊 典子/フランテック法律事務所所属/特定社会保険労務士/当協会評議員
  • 所要時間:1.5H程度 主に若手社員にまつわる新型労務リスクについて特定社会保険労務士が解説します。

⑩ソーシャルメディア対応 (従業員に関わるリスク対応③)LinkIcon

  • 毎熊 典子/フランテック法律事務所所属/特定社会保険労務士/当協会評議員
  • 所要時間:1.5H程度 従業員のソーシャルメディア利用にまつわる就業規則や教育について、各種ツールの効用と落とし穴について特定社会保険労務士が解説します。

⑪マイナンバー制度対応 (従業員に関わるリスク対応④)LinkIcon

  • 毎熊 典子/フランテック法律事務所所属/特定社会保険労務士/当協会評議員
  • 所要時間:1.5H マイナンバー制度の概要と企業への影響について企業に求められる対応ポイントについて解説します。

⑫外見リスクマネジメントLinkIcon

  • ワークショップ 石川 慶子/有限会社シン 取締役社長/当協会理事
  • 所要時間:3H~非言語コミュニケーションである外見に関わるリスクについて、服装やヘアメイク、立ち居振る舞いの専門家が解説します。

お申し込み