危機管理広報研修コース

HOME > 企業研修 > 危機管理広報研修コース

風間 眞一(かざま しんいち) 
【担当コース】危機管理広報
企業PR
危機管理広報アドバイザー
RMCA-J上級リスクコンサルタント
風間眞一事務所 代表当協会 顧問
NPO法人広報駆け込み寺 顧問
放送大学非常勤講師
1973年日本信販㈱(現三菱UFJニコス)入社。広告宣伝部長、広報部長などを経て2009年退社。2007年㈶経済広報センター(経団連の外郭団体)が主催する『第23回企業広賞』で「企業広報功労・奨励賞」を受賞。同年、広報功績により三菱UFJニコスから社長表彰。

<研修事例>

危機管理とマスコミ対応
Ⅰ.リスクマネジメントの基本理解
1.リスクとは
2.リスクとクライシスの違い
3.リスクマネジメントとは
4.クライシスマネジメントとは
5.リスクマネジメントとクライシスマネジメントの時間軸

Ⅱ.緊急時対応の基礎知識
1.不祥事を起こす組織に見られる共通点
2.危機管理の要諦
3.緊急時、マスコミ対応の心構え
4.そもそも広報とは
5.メディアの特徴
6.マスコミ取材記者の横顔
7.緊急時、記者側の事情

Ⅲ.危機管理広報の考え方
1.事故・不祥事など緊急事態が発生したら
2.緊急時、マスコミ対応の流れ
3.危機管理広報(クライシスコミュニケーション)の
  キーポイント
4.取材で記者と接する場合の留意点
5.広報担当者の平時、緊急時の心得
6.緊急時に失敗するパターン 

Ⅳ.緊急記者会見の実施
1.記者会見開催の狙い、メリット
2.事故・不祥事で会見はどうしても必要か
3.会見前にチェックすべきこと
4.ポジションペーパー/プレスリリース
5.記者会見場の設営例
6.記者会見で伝えるべきこと
7.会見者が記者会見で注意すべきこと
8.記者会見のタイミング

Ⅴ.具体的なマスコミ対応
1.個別取材を受ける際の心構え
2.取材での話し方
3.質問への対応
4.言ってはならない6つの禁句
5.テレビ取材での心得

Ⅵ.事例研究

スケジュール(例)

お申し込み