RMCA-リスクマネジメントの専門家による寄稿、セミナーや研修・講座などの情報

  1. あの記者会見はこう見えた 石川慶子
  2. 15 view

第54回 安倍総理、突然の辞任会見をどう評価する

8月28日、安倍総理が突然、辞任表明をする記者会見を開きました。健康不安説は流れていましたが、多くの人は驚きをもってこの辞任会見を見たのではないでしょうか。広報、記者会見のプロとして、運営面に焦点を当てて、スポークスパーソン、報道官、報道陣を観察して感じたことをまとめます。

受け入れざるを得ない練られた言葉
28日の昼すぎには、辞任会見になることが広まり、17時からの会見に集まった報道陣は辞任会見であることがわかっている状態でした。会場を見て最初にあれっと思ったことは、プロンプターがなかったことです。いつもと違うことが感じ取れました。そして、会見全体の時間は1時間。総理の最初の言葉は10分ほどで、いつもよりは少なく、多くの時間を質疑応答にあてた形での配分でした。つまり、十分質問に回答する時間を作ろうとする方針があったことがわかります。内閣報道官も「あと数問で」「あと2問で」「あと1問で」と時間の細かいアナウンス、配慮があり、穏やかに終えたいという気持ちが出ていたように思います。

さて、内容ですが、前半はコロナ対策に取り組む人達への感謝、亡くなった方への哀悼、医療従事者への感謝に続き、新型コロナウイルスの現状説明。「社会経済活動との両立は可能」「40代以下の致死率は0.1%以下、亡くなった方の半分以上が80代以上」「重症化リスク対策に重点を置く」と方針を述べました。重症化リスク対策は繰り返してきた言葉ですが、「0.1%以下」「80代以上」といった数字の出し方に、むやみに恐れるな、経済活動を担う世代は経済活動せよ、といったメッセージがあったように思います。そして、新型コロナウイルスをSARSやMERSといった2類感染症以上の扱いから、運用を見直すと明言。経済活動シフトを明確にしたといえます。

次に安全保障に言及し、北朝鮮の弾道ミサイルの脅威と置かれている厳しい環境を述べ、ご自身の健康と辞任の理由に話をつなげました。

潰瘍性大腸炎の持病があり、13年前にその持病が原因で1年で辞任して迷惑をかけた。その後新しい薬が効いて、再就任してからのこの8年近くの間は問題なく全力投球できた。しかし、今年6月から兆候があり、8月に再発してしまった。任期までのあと1年何とかできないかと1か月悩みぬいたが、政治判断を誤ってはいけない、7月から感染拡大が減少に転じた、冬に実施すべき対策がまとまった、新体制移行の前のこのタイミングしかないと判断して辞任を決意。

「任期まであと1年、まだ1年を残し」と繰り返した部分に無念な思いが見て取れました。総理ご自身だけでなく、私を含め多くの国民が共有した気持ちであろうと思いますが、「体調が万全ではないという苦痛の中、大切な政治判断を誤ること、結果を出せないことがあってはならない」「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の職にあり続けるべきではないと判断」は、受け入れざるを得ない判断だろうと思います。よく考えられた言葉だと思います。

目立ったのは報道陣の上から目線質問

報道陣の質問は、過去の評価と課題として残ったことに集中しました。気になったのは質問の仕方と内容。2月の新型コロナウイルス会見からずっとそうなのですが、これまでの「反省」は?こうしておけばよかったという「後悔」は?そして同じような質問ばかり。そもそも「反省」「質問」といった言葉は上から目線です。批判する際でも相手に対する尊重心は必要だと感じていたところ、ジャーナリストの江川紹子さんが「原因」という言葉を使いました。

「新型コロナの感染者情報を集約するデータベースで発症日とか職業などのデータを把握できないというようなことが起きているというニュースがありました。・・・・このコロナ禍で日本がいかにIT後進国であるかということが露呈してしまったわけです。安倍政権では、2013年に新IT戦略を立てられて、今年までに、2020年までに世界最高水準のIT活用社会を実現するということを目標にして、首相自身も世界の後塵(こうじん)を拝してはならないと宣言されました。ところが、今、正に世界の後塵を拝しているのは明らかで、安倍さんも本当に非常に不本意だというふうには思うのですけれども、こうなってしまった原因はどこにあると考えておられるか・・・・」

質問は手厳しい内容でしたが、聞いていて嫌な感じがしませんでした。総理も唯一「江川さん」と名前を呼び、自ら「反省点である」としました。自分で反省という言葉を使う方が自然です。相手に反省を求めるのはなく。厳しい質問と尊重心、謙虚な反省。見ていて気持ちがよいと思いました。

珍しい質問もありました。なぜ、今日はプロンプターがないのか、と。回答は「ぎりぎりまで原稿が決まっていなかった。自分も推敲していたから」。つまり、今回は総理ご自身が直前まで言葉を練り、思いを込めた内容であったこともわかります。プロンプターはイベントではよいのですが、直前まで内容を練るような記者会見には不向きなのです。このような質問はめったにありませんが、やはり報道陣に違和感をもっていたのでしょう。広報担当者は安易に使わない方がよいといえます。

このタイミングでの辞任会見、さまざまな意見があるでしょうが、日本にとって良い決断であったと評価します。最初に辞任表明の話が流れた時には、「またか」と思いましたが、記者会見を見て納得しました。通常の会見であれば、国民が混乱しているこの時期にはもっと頻繁に記者会見をすべき、とコメントする予定でしたが、辞任インパクトは全てをかき消すほどの大ニュース。これでコロナ一辺倒の報道が次の総理に向かい、それが経済再生の道筋になるのではないかと予測が立ったからです。安倍総理は無念でしょうが、とどまったところで、残された課題である拉致問題、日露平和条約、憲法改正の取り組みはできないでしょう。今は落ち込んだ経済を立て直す時期であり、エネエルギッシュな新しいリーダーが日本には必要です。今回、このタイミングでの辞任表明は英断です。

【参考サイト】
総理官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0828kaiken.html

あの記者会見はこう見えた 石川慶子の最近記事

  1. 第54回 安倍総理、突然の辞任会見をどう評価する

  2. 第52回 菅官房長官、小池都知事、吉村府知事の会見比較、わかりやすいのは?

  3. 第51回 アフターコロナの記者会見

  4. 第50回 よい質問とは

  5. 第49回 緊急事態宣言は伝わったか

最近の記事

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP