RMCA-リスクマネジメントの専門家による寄稿、セミナーや研修・講座などの情報

  1. 普遍的リスク対策 乙守栄一
  2. 59 view

第74回 生きる力養成によるリスクマネジメント

新年あけましておめでとうございます。毎年年初に交わすこの挨拶。新年の計を立て、新たに歩むためのケジメを付けるのが元旦です。しかし、毎年その想いが年末になると達成できなかったと反省の弁を述べることが多くないでしょうか?年が明けて多用時期も重なり、元々立てていた計を忘れ、事が運ばなかったという理由を述べられることも多いと考えます。それをどうのこうのという訳ではありませんが、多用時期が主体性を持って行動できていたかどうかが、この反省の弁に大きく依存していると考えます。

主体性を伴う行動とは、“自分自身がその達成すべきことをこなすことを良し”と捉えて活動していたことになります。したがって、年末の達成度合に多少はありますが、反省の弁としては他責の事由は出てこないと考えられます。その中で、一年経つ間に当初の計画を他者の言いなりになる、自分本位ではないことに時間を費やされることなど、どうしてもフラストレーションが溜まった状態で1年を終えることになります。したがって、どの程度主体性をもって行動できたか、または他人に引きずられる一年を送ってしまったかという両軸の尺度を設定したとき、自分はどれくらいの比率で一年を過ごしたかを一年の締めくくりで自己分析することも良いかもしれません。

ここで今回のタイトル「生きる力」との関係性です。人は自分自身の力だけでは生きていくことが出来ません。人間関係の中でどれだけ自分自身が主体的に動けるかという点がポイントです。主体的に動くことが出来るほど、人からは求められている存在となります。ニーズが多い人という見方もできます。では、どうすればこのような生きる力を身に付けることが出来るのでしょうか?

生きる力、一言でいうなら自分からぶら下がりにいかないということです。ぶら下がられる力、というと良いのかもしれません。永続企業などを例に取るとわかり良いかもしれません。日本では100年企業が世界的に多いことでも有名です。古来のやり方をそのまま現在に踏襲しているだけではなく、時代時代に求められる姿を主体的に変えてきているからこそ、クライアントが付いていることに他なりません。

では、サラリーマンだと会社にぶら下がるしか仕方がないと思われるかもしれませんが、一概にそういうことでもありません。所属する組織ならその組織の中で、自分がいなければ廻らない組織になっているかどうかという点です。組織はあなたを求めています。あなたがいないと廻りません。これはその組織の中であなたが主人公として機能しているわけです。これはどの枠の中で自分自身の役割を果たすかに依存しています。

このような観点から、個人に目線を移した場合も同様で、自分自身はどれだけ人から求められる存在になっているか、自分自身にどれだけ武器(スキル他)を持っているかが大きな分かれ目になります。ただ、こういう隙間を狙って、タダで情報を取ろうとする、または関係性を取ろうとする人種も混ざってきます。そのような目利きも片や必要となりますが、いずれにせよ生きる力とは永続的に求められる力をどのように自分自身で構築するか、これに掛かっていると考えられます。

ただ、大事なポイントはもう一つあります。人間力を忘れてはなりません。いくら求められるスキル、能力があったとしても、人間関係の基本形はやはり人間力です。このベースが出来上がることで、その上物もセットで機能するというものです。一人ひとり備わった人間力を掛け合わせること、これが人間関係力となります。近年、この人間力の備わっていない人があまりにも多くなりました。コロナ渦でテレワークが当たり前となる社会、根底となる人間力が忘れ去られてしまうことのないようにしなければなりません。

VUCAの時代、常に時代を先取りしていかなければなりません。人それぞれが備えるべき事業継続力(Business Continuity Power)を生きる力として捉えるならば、「求められる力×人間力」という方程式が成り立つのではないでしょうか。新年の計を立てるにあたり、私自身もこれらの観点を新たにしていきたいと考えています。皆さんも生きる力、一つの新年の計を考える要素に加えてみては如何でしょうか。

普遍的リスク対策 乙守栄一の最近記事

  1. 第82回 無私の境地によるリスク軽減の可能性

  2. 第81回 原点回帰が危うい今の日本人へのリスク対策

  3. 第80回 気さくさが呼び込む対人関係リスク対策の術(すべ)

  4. 第79回 数々の派生リスクにより産み出された無気力とその対策

  5. 第78回 日本語・外来語の意味の使い分けによるリスク対策

最近の記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP