RMCA-リスクマネジメントの専門家による寄稿、セミナーや研修・講座などの情報

  1. 産業法務の視点から 平川博
  2. 96 view

第84回 とんでもない自動車運転

1.無免許運転
「走る凶器」と呼ばれる自動車の無免許運転は、道路交通法(通称「道交法」)の第64条(無免許運転等の禁止)第1項により、禁止されています。それにも拘らず、無免居運転による事故が頻発しています。無免許運転の中には、運転免許停止中及び運転免許取消処分中の運転も含まれます。

(1)都議
毎日新聞HPの「木下富美子都議の運転免許取り消しを決定 都公安委員会」(柿崎誠記者[2021/11/12 13:14配信])と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
7月の東京都議選期間中に無免許運転で人身事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反容疑などで警視庁に書類送検された木下富美子都議(55)について、東京都公安委員会は12日、運転免許の取り消し処分を決定した。関係者への取材で判明した。道路交通法で規定される違反行為の点数が、取り消し処分の基準に達した。
**********************************************************************************************************
(https://mainichi.jp/articles/20211112/k00/00m/040/095000c)

(2)地方公務員
静岡新聞HPの「交通違反繰り返し 伊豆市職員に戒告」(2021.9.22配信)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
伊豆市は21日、交通違反を繰り返した産業部の30代男性職員を同日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。

男性職員は2019年8月から20年11月までの1年3カ月の間、更新忘れによる無免許での自動車通勤、自家用車の接触事故、公用車で速度超過の計3件の交通違反や事故を起こし、21年4月21日付で訓告処分を受けた。今月7日にも公用車を運転中に右折禁止違反で警察に摘発されたため、公務員としての自覚を著しく欠いているとして戒告となった。
**********************************************************************************************************
(https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/962544.html)

(3)教頭
千葉日報HPの「25年無免許、教頭免職 追突事故報告せず 千葉県教委」(2019年8月29日 05:00無料公開)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
千葉県教委は28日、道交法違反(無免許運転)などの疑いで千葉県警に逮捕された柏市立柏第三小学校の岩倉貞実教頭(52)を免職の懲戒処分にした。逮捕後の調査で、2010年10月ごろに無免許で車を運転して追突事故を起こし、当時所有していたミニバイクの免許を取り消され、校長に報告していなかったことも判明した。

教職員課によると、教頭は1994年~先月上旬の約25年間、無免許にも関わらず通勤などのために自家用車を運転。
**********************************************************************************************************
(https://www.chibanippo.co.jp/news/national/622642O)

(4)塗装作業員
サガテレビHPの「無免許運転で事故 同僚を身代わりにした男が起訴内容認める 【佐賀県佐賀市】」(2020/02/12 12:05配信)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
死亡事故を起こし無免許となっていたのにも関わらず、車を運転して再び事故を起こし乗っていた同僚に身代わりをさせたとして、道路交通法違反などの罪に問われた男の初公判が開かれ男は起訴内容を認めました。

起訴されているのは、佐賀市川副町の塗装作業員池田龍輝被告21歳です。池田被告は去年8月、佐賀市の道路で無免許で軽乗用車を運転していた上に、乗っていた同僚に身代わりを頼んだなどとして道路交通違反と犯人隠避教唆の罪に問われています。…(中略)…冒頭陳述などによりますと、池田被告は去年2月、佐賀市で交通死亡事故を起こし免許取り消しの処分を受けていましたが、その半年後、追突事故を起こし発覚しました。
**********************************************************************************************************
(https://www.sagatv.co.jp/news/archives/2020021201997)

(5)新成人
HTBニュース(北海道テレビ)の「無免許運転で3人重軽傷の事故 20歳の男を逮捕」(2021年11月16日 06:51 掲載)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
今月7日、札幌市東区で乗用車が車線変更を繰り返した末、2台の車に衝突し3人が重軽傷を負った事故で、乗用車を運転していた20歳の男が逮捕されました。…(中略)…

温泉晶斗容疑者20歳は今月7日午後9時半ごろ、札幌市東区の市道で無免許で乗用車を運転して2台の軽乗用車に相次いで追突するなど、助手席に乗っていた男性と軽乗用車の女性2人あわせて3人に重軽傷を負わせた疑いが持たれています。警察によりますと、温泉容疑者の車は事故の直前、車線変更を繰り返していました。当初、温泉容疑者は「助手席に乗っていた」と話していましたが、ドライブレコーダーなどを調べたところ運転していたことが分かり、…(中略)…容疑を認めているということです。
**********************************************************************************************************
(https://www.htb.co.jp/news/archives_13863.html)

(6)女子校生
中京テレビHPの「無免許と知りながら高校生に車を貸した自称大学生を逮捕 愛知県警」(2021.11.04 18:57)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
愛知県東海市で今月1日、無免許で車を運転し事故を起こした女子高校生に車を貸した疑いで、自称大学生が逮捕されました。

道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、愛知県大府市の自称大学生(18)で、警察によりますと、友人の女子高校生(16)が無免許と知りながら、自身の軽乗用車を貸した疑いがもたれています。

この女子高校生は今月1日、東海市の交差点で事故を起こし、同乗者の少女に大けがをさせたとして、危険運転致傷の疑いで逮捕されています。
**********************************************************************************************************
(https://www.ctv.co.jp/ctvnews/news94svusjzexoiy0rt4k.html)

2.飲酒運転
道路交通法の第65条(酒気帯び運転等の禁止)により、「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」と定められています。それにも拘らず、飲酒運転による事故が頻発しています。ひと眠りしたから酔いが覚めたと思っていても、アルコールが体内に残っていることがあり、要注意です。

(1)トラック運転手
NHK NEWS WEBの「千葉 八街 児童5人死傷事故 被告『飲酒による居眠りだと思う』」(2021年11月15日18時38分配信)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
千葉県八街市で酒を飲んでトラックを運転し下校中の児童5人をはねて死傷させたとして、危険運転致死傷の罪に問われている元運転手の裁判で15日、被告人質問が行われました。…(中略)…

元トラック運転手梅澤洋被告(60)はことし6月、酒を飲んでトラックを運転し、八街市内で居眠りをして下校中の小学生の列に突っ込み、児童2人を死なせ、3人に大けがをさせたとして危険運転致死傷の罪に問われています。…(中略)…

飲酒運転をした経緯などについて弁護士から問われた被告は「事故を起こした日はコンビニで酒を買ったが帰宅後に飲むつもりだった。これまでにも仕事でイライラした時に酒を飲んで運転したことが何度かあった」などと述べました。

また、事故の原因については「飲酒による居眠りだと思う」と述べたうえ、「当初から『ごめんなさい』と言っているが、このことばしかありません」と述べ被害者と遺族などに謝罪しました。
**********************************************************************************************************
(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211115/k10013348621000.html)

(2)芸能人
サンスポHPの「小金沢昇司容疑者を逮捕」(2020/11/30 05:02配信)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
酒を飲んで車を運転したとして道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで歌手、小金沢昇司容疑者(62)が警視庁高井戸署に逮捕されていたことが29日、分かった。…(中略)…

捜査関係者によると、小金沢容疑者は28日正午すぎ、東京・杉並区方南の環状7号線で国産の乗用車を運転中、トラックに追突。その後、近くで別の事故処理をしていた警官に追突を報告した。

呼気検査では基準値の1リットル当たり0.15ミリグラムをやや上回るアルコールが検出。数値は0.25ミリグラム未満とみられ、ビール中びん(500ミリリットル)に相当。…(中略)…

芸能関係では先月、俳優の伊藤健太郎(23)がひき逃げ事故で逮捕。今月18日には元TOKIOの山口達也さん(48)が酒気帯び運転で略式起訴されるなど不祥事が相次いでいる。
**********************************************************************************************************
(https://www.sanspo.com/article/20201130-B6VJYQPS5JONDPECHBL2OTYA7I/)

(3)スポーツ選手
朝日新聞デジタルの「スノボ・平岡選手を書類送検 飲酒運転→ひき逃げ容疑」(2019年10月29日 18時57分)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
追突事故を起こしながら飲酒運転の発覚を免れるために逃走したとして、奈良県警は29日、ソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプ銅メダリストの平岡卓選手(24)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで奈良地検葛城支部に書類送検し、発表した。…(中略)…

交通指導課によると、平岡選手は9月29日午前9時55分ごろ、奈良県葛城市新庄の県道で乗用車を運転中、軽乗用車に追突。はずみで軽乗用車が近くの公園の駐車場にいた人をはねるなどし、軽乗用車を運転していた女性(40)と4~85歳の男女計6人に打撲などの軽傷を負わせたのに、飲酒運転の発覚を逃れるために逃走した疑いがある。…(中略)…

今月16日に取材に応じた平岡選手の代理人弁護士によると、平岡選手は事故前日の28日に大阪府内で友人と飲酒し、翌29日午前4~9時ごろに仮眠した後、同県御所市の実家に向かう途中だった。事故後に呼気から基準値以上のアルコールが検出されたという。
**********************************************************************************************************
(https://www.asahi.com/articles/ASMBY53MLMBYPOMB007.html)

(4)会社員
日刊スポーツHPの「飲酒運転しひき逃げ疑いの男を逮捕『ばれるの怖くて逃げた』女性1人死亡」([共同]2021年11月21日8時4分配信)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
福岡県警小倉北署は20日、北九州市の国道で飲酒運転して女性をはねて死亡させ、逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失致死アルコール等影響発覚免脱)などの疑いで、同市門司区の会社員由井希容疑者(22)を逮捕した。…(中略)…

逮捕容疑は20日午前3時50分ごろ、酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、同市小倉北区黄金の国道で、同区の片山桜子さん(31)をはねて死亡させ、飲酒運転が発覚することを恐れ逃走した疑い。

署によると、小倉北区内の駐車場で破損した不審な車を見つけ、車内にいた由井容疑者を職務質問したところ「事故を起こした」と話したため発覚した。
**********************************************************************************************************
(https://www.nikkansports.com/general/news/202111210000183.html)

3.ながら運転
道路交通法の第71条(運転者の遵守事項)5の5により、自動車運転中に携帯電話等の無線による通話は、緊急時やハンズフリーでの通話を除いて禁じられています。テレビ等の画像を注視することも禁止されています。それにも拘らず、ながら運転による事故が多発しています。

(1)バス運転手
朝日新聞デジタルの「スマホしながらバス運転、頻発 小1死亡事故も」(北川慧一記者[2017年5月23日5時01分配信])と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
国交省自動車局への取材をもとに、朝日新聞がバスの運行事業者に確認した。昨年1月から今年4月までに把握できたバスの「ながら運転」は33件。内訳はスマホが27件、携帯電話が4件、タブレットが1件などで、走行中や信号待ちの間などに操作していた。

末の使用目的は通話が3件で、残りはスマホの画面を見たものが大半だ。…(中略)…

死亡事故は昨年3月に東京都台東区で起きた。交差点を右折中の大型観光バスが、自転車で横断歩道を渡っていた小学1年生の阿部余木君(当時7)をひいて死亡させた。運転士は事故の直前までLINEでメッセージを見ていて、スマホを片手に運転していたという。右側ばかりを見ていて、向かい側から来た余木君には「全く気づかなかった」という。

仙台市では昨年1月、回送中の路線バスが女性をはねて重傷を負わせた。運転士がスマホでメールを確認していたという。
**********************************************************************************************************
(https://www.asahi.com/articles/ASK526H50K52UUPI005.html)

(2)トラック運転手
「リアルライブ」というサイトの「またもトラック運転手が『ながらスマホ』で死亡事故発生“少しだけ”が引き起こした最悪の事態」と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
30日午前1時40分頃、大阪府堺市の路上で大型トラックが前を走る自転車に衝突し、自転車に乗っていた77歳の男性が転倒する事故が発生。男性は病院に救急搬送されたものの、身体を強く打っており、病院に向かう途中に死亡が確認された。間もなく、トラックを運転していた48歳の男が、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕された。

報道によると、事故原因はスマートフォンだった。男は状況について当初「倒れていた人をひいてしまった」と話していたが、矛盾を指摘されたのか、後に「音楽を再生するためにスマートフォンを見ていたため、前を見ていなかった」と白状した。

スマホを見ながら運転する行為による事故は多発している。過去にはトラック運転手が高速道路上でスマホを操作し、乗用車に追突した事故や、渋滞に気が付かず停車していた自動車に追突する事故もあった。いずれも衝突された側は死に至っている。
**********************************************************************************************************
(https://npn.co.jp/article/detail/34041728/)

(3)配送ドライバー
柳原三佳氏(ノンフィクション作家・ジャーナリスト)が執筆した「スマホ漫画で追突死亡事故 真実を明らかにしたのはドラレコだった」(YAHOO!JAPANニュース[2019/6/30 6:00配信])と題する記事では、以下のように記載されています。
**********************************************************************************************************
夫婦で2台のバイクを連ね、ヘルメットに装着された無線機で楽しい会話を交わしながら、泊りがけのツーリング……。

しかしその楽しい旅は、自宅まであと少しというところで断ち切られてしまったのです。

2018年9月10日、午後9時11分、事故は関越自動車道下り線、大和PAから小出ICの間の見通しのよい片側2車線の直線道路で発生しました。

夫の井口貴之さんは左車線を、妻の百合子さん(当時39)はその後ろを走っていました。制限時速80キロの区間でしたが、百合子さんは時速約70キロで走行していたところ、後ろから運送会社のワゴン車が時速100キロのスピードで追突。百合子さんは避ける間もなく、そのままワゴン車の前後輪に轢かれたのです。…(中略)…

新潟県警は、ワゴン車を運転していた男性(当時50)を、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)の疑いで逮捕したのです。…(中略)…

加害者がスマホで漫画を読み続けていたことは、本人の車のドライブレコーダーにはっきりと記録されていました。

夜間だったことから、その様子はフロントガラスに反射して写っており、約4時間にわたってその映像が残されていたというのです。…(中略)…

また、加害者の車には、運転手の目の動きを感知し、居眠りや脇見を3秒以上検知すると警報ブザーが鳴る装置も取り付けられていましたが、それすらも無視し、マンガを読みふけっていたといいます。
**********************************************************************************************************
(https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20190630-00132169)

4.高齢運転

70歳以上の高齢者は、免許証更新前に高齢者講習の受講を義務付けられています。また75歳以上の高齢者は、高齢者講習の前に認知機能検査を受けて、認知症と診断された場合は、運転免許の停止または取り消しの対象になります。それにも拘らず、高齢者の運転事故が相次いで起きています。

(1)タクシー運転手
CBC NEWS(中部日本放送)の「『アクセルとブレーキを踏み間違えた』74歳タクシー運転手の車がコンビニに突っ込む」(2021/11/18 09:44配信[2021/11/18 10:29更新])と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
岐阜県高山市のコンビニエンスストアに、74歳の男性が運転していた車が突っ込みました。男性はアクセルとブレーキを踏み間違えたということです。

警察によりますと、17日午後7時半ごろ、高山市新宮町のコンビニエンスストアに乗用車が突っ込み、縦2メートル50センチ、横1メートル30センチほどのガラス3枚が割れ、商品棚が倒れるなどしました。…(中略)…

乗用車を運転していたのは、高山市に住むタクシー運転手の74歳の男性で、買い物をするため駐車場に車を停めようとしていたところでした。
**********************************************************************************************************
(https://www.hicbc.com/news/article/?id=2021111805)

(2)マイクロバス運転手
「セキュリティニュース」(警備・ビルメンテナンス専門情報サイト)の「『高齢者事故多発警報』中の滋賀県で高齢男性警備員が事故死」(2020/12/11配信)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
12月8日午前9時頃、大津市大平にある住宅地の道路舗装工事現場で、交通整理をしていた70歳の男性警備員がマイクロバスにはねられる事故が発生した。はねられた警備員は病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。

マイクロバスを運転していたのは、大津市衣川の嘱託職員の70歳の男性で、大津市内にある障害者就労支援施設の利用者の送迎を行っていたという。バスに乗客していた人に怪我はなかった。

警察は、過失運転致死傷の疑いで運転手の男を現行犯逮捕。容疑を過失運転致死に切り替え、事故原因を調べている。(BBC びわ湖放送)
**********************************************************************************************************
(「高齢者事故多発警報」中の滋賀県で高齢男性警備員が事故死 | Security News for professionals (s-news.jp)

(3)無職
産経ニュースの「相次ぐ高齢者事故 免許返納なおハードル」(2021/11/17 21:22配信)と題する記事では、以下のように報じられています。
**********************************************************************************************************
大阪府大阪狭山市のスーパーで3人が死傷した事故と同様、高齢ドライバーの運転ミスによる事故に通行人が巻き込まれるケースは後を絶たない。…(中略)…

東京・池袋では平成31年4月、飯塚幸三受刑者(90)の運転する車が暴走し、母子が死亡、9人が重軽傷を負った。飯塚受刑者は公判中、一貫して無罪を主張したが、東京地裁は今年9月の判決公判で、事故原因がペダルの踏み間違いによるものだったと認定した。

また昨年7月、札幌市で80歳の女が運転する車がスーパーに突っ込み、2人が死傷した事故でも、女は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と説明していた。
**********************************************************************************************************
(https://www.sankei.com/article/20211117-ECFG3F5S45K55GJQ2H2FU6KJIA/)

5.結語
自動車の運転は、法令遵守は言うまでもなく、常に安全を最優先させるという観点から、産官学が連携して、危険運転の取り締まりを厳格化するとともに、自動車のフールプルーフ(人為的ミスによる事故防止)機能と、フェイルセーフ(急病や故障等のトラブルによる事故防止)機能を強化し、標準化を推進することが望まれます。

産業法務の視点から 平川博の最近記事

  1. 最終回 人類滅亡直前の危機

  2. 第85回 変貌する報道機関

  3. 第84回 とんでもない自動車運転

  4. 第83回 運転免許不要の車

  5. 第82回 耐え難い睡魔との闘い

最近の記事

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP