HOME | セミナー | 86_東京オープンセミナー

最新の企業評価論とBCPによる企業価値向上とは?

今年も我国では大きな自然災害が発生してしまいました。毎年のように繰り返されるこの自然災害への対応は様々な組織体でもはや義務であるとも言えます。その中でもBCPは企業における危機管理の基本計画だと言えます。今回は最新の企業評価論とBCP作成による企業価値向上について佐藤和彦氏に具体的にお話しいただきます。

  • ・災害は企業の存続を脅かす超短期のインパクト

  • ・経営者にBCPの必要性を納得させる方法とは−BCPの作成と企業価値の関係−

  • ・目指すはBCPの普及を通した日本経済の頑健化

 



佐藤 和彦氏
BRFスタンダード統計株式会社 代表取締役、一般財団法人 日本総合研究所 調査研究本部 調査研究部長。慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了、専門は計量経営学、企業評価論、総合危機管理学。『震度 7の生存確率』(幻冬舎、 201612月)。


日 時

2018年8月28日(火)18:30~20:00(18:00 開場)

会 場

ARICEホールディングスグループ セミナールーム

東京都中央区銀座1丁目19-13 丸美屋ビル6階

主催

NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会主催

お問い合わせ

RMCA事務局まで 

TEL:03-6892-4106

E-mail:info@rmcaj.net

後援

創新ネットシティ

 

セミナー&懇親会費用

マスター

無料

CRO

無料

シニア会員

無料

法人会員

無料(5名様まで)

会員紹介

4,000円(税込)

特定会員

2,000円(税込)(FRM・BCM-RM・RREM・リスク診断士)

一般会員

2,500円(税込)   

非会員

5,000円(税込)

☆参加費につきましては、当日受付にてお支払いください。

☆当日会場でのテープ録音・ビデオ撮影はお断り致しております。

 


お問い合わせ