RMCA-リスクマネジメントの専門家による寄稿、セミナーや研修・講座などの情報

  1. 普遍的リスク対策 乙守栄一
  2. 40 view

第99回 不確実な時代を生き通すためのリスク対策

マネジメントの大家でもあるP.F.ドラッカーは、「ネクスト・ソサイエティ」という書籍にて21世紀に対して歴史上予期できないことがはじまる、と書き残していました。1990年代後半から2000年初めにかけて発表された内容ですが、その時代から四半世紀が経ち、見事にその内容が言い当てられています。

2020年以降、世界的なパンデミックに襲われ、世界は大混乱に陥りました。その後、ロシア・ウクライナ紛争、イスラエル・ガザ戦争等、日本からは遠い世界の話ではなく、直接/間接問わずに国内にも影を落としているのは言わずもがなです。

世界に対してモノが言えなくなった日本人、やらないことの理由付け(言い換えれば、言い訳のスペシャリティ)は天下一品、先が見通せない、保証がないからとリスク回避ばかりを行なってきた結果、後退国になってしまいました。管理社会の最たるもの、先の見通せないモノは実績がない、慣例とは外れると言って徹底的に芽を摘んできた結果が今の日本という国の実態です。

これらの結果を世界はどう見ているでしょうか?一言でいうならば、付け入る隙の多い国、と見られています。欧米の言うことなら、中国の言うことなら、と何も考えずに鵜呑みにしてきたことによる矛盾に打ちひしがれている状況です。まんまと諜報戦に乗せられてきてしまいました。

今の日本は不正を不正とせずに罷り通る世界に成り下がっています。消費期限改ざん、個人情報漏洩、品質改ざん、政治献金裏金問題、メディアは挙って視聴率、購読率アップのために面白おかしく掻き立てます。民度の高い国民と云われてきた成れの果てがこれですか?今の日本人は畜度の高い国民と揶揄されてもおかしくありません。

技術進歩も格段に進んできました。ChatGPTで一世を風靡している生成AI技術。これまでは巨大なビッグデータから必要なデータを高速に集計し、集めることに長けてきた技術、それが自ら主体的に考え、結果を出す自己探索型AIに深化(進化)してきています。AI技術は当然のことながら欧米にて先進的に開発がすすめられ、世界標準においても、アルファベットでは1単語ベース、日本語では一文字単位と検索の機能格差もつけられてしまうぐらいサービスレベルも格差を付けられています。

どうして技術は世界で一番でないとダメなんでしょうか?二番ではダメなんですか?と問い質した某国会議員がいました。その意識の差の集大成が大きく差が開く、このことに当時の権威ある人たちが言い返せなかった、気付けなかった。横並び教育で育ってきた人たちを重宝し、抜きんでた発想の人を叩き潰してきた教育の結末が今の日本の実態を作り上げてきました。

AIが出てきたら自分たちの仕事が奪われると、業務改善/DX改革に大きく反対する人たちは今も根強く社会の進展を大きく遅らせる立ち位置に蔓延っています。変化をしないことを美徳化し、意識して茹でガエルになってしまっている大愚は、AIに使われる民になってしまっても気づかない人でしょう。経済的な貧富の差だけでなく、生きていることの意識面での貧富の差も同時に発生します。何のために生きているのか?生きていることの意味(使命)を見出せなくなる人が大勢出てきます。まさしく畜度の高い人の集団です。

何のために生きる(活きる)か?それを知るには、志や夢と云われる目的が必要です。目標ではなく目的です。この目指すべき方向こそが目的です。この目的は一本筋が通っているだけで、どのような難局が来ようともブレることはありません。皆さんには志、夢といったモノはありますか?この目的があれば、生きている(活きている)価値は自ずと付いてきます。回顧録的に過去の栄光・武勇伝を語ったところで、過去はその字のごとく過ぎ去った事実の蓄積であり、戻ってくることはありません。今、そして未来に向けて生きていく(活きていく)ためには目的が必要なのです。そのために時局を的確に捉え、思考し、腹を据え、目的に向かって邁進する、この姿勢こそ不確実な時代を生き通す術だと考えますが、皆さんの力量、度量は如何でしょうか。

株式会社シー・クレド
代表取締役 乙守 栄一

普遍的リスク対策 乙守栄一の最近記事

  1. 第101回 バイアス理解による行動リスク対策

  2. 第100回 継続は力なり

  3. 第99回 不確実な時代を生き通すためのリスク対策

  4. 第98回 進化(深化)に共通するモノの見方

  5. 第97回 不透明、不確実な時代へのリスク対策

最近の記事

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP