RMCA-リスクマネジメントの専門家による寄稿、セミナーや研修・講座などの情報

  1. 武道/青少年の成長RM 杉原政則
  2. 72 view

第21回 なぜ勝敗にこだわってはいけないか?

武道からみる青少年の成長リスクマネジメント

極真空手師範-東京本部長 杉原政則 著

昨年12月に恒例の空手大会を開催いたしました。
各学年ごとに分かれ、審判も子供たちが自ら行い自主性にあふれたよい大会になりました。

勝つための努力は惜しまず
勝敗にはこだわりません。(道場訓

武道の試合ですので勝敗の結果以上に礼節を重視した大会です。礼を欠く行為は即減点となり場合によっては勝敗がひっくりかえります。

結果ではなく結果後の姿勢にこそ
価値があることを知ります。(道場訓)

礼に始まり礼に終わる事はもちろん、試合中の姿勢、終了後の姿勢まで主審は判定します。
審判は3人制ですが主審も副審も子供自身です。今まで学んだことの全てを駆使して判定します。
場合によってはおかしな判定が出ることもあります。しかし誰一人として審判にクレームを言ったり、不満を見せたりする子供はいませんでした。

なぜ勝敗にこだわってはいけないか?

精神的なことは必ずフィジカルに影響します。
勝敗など結果に対して「絶対に勝つ」「負けられない」などと、とらわれてしまうと人は緊張します。
緊張は必ず「力み」となります。
スポーツにとどまらず、書や絵画などの芸術分野を含めあらゆるシーンにおいて「力み」は禁物です。

力むと関節は固まり動きが制限されます。

力は波ですから、固まったところで力は止まってしまいます。そのため、体全体の力は使えず部分的なところの力のみになってしまいパフォーマンスが上がらないのです。

緊張と力みはセットで癖になりますので、繰り返していると何かをするさいに力まずにはできなくなってしまいます。
この癖がありますと、重いものを持ったときなどに癖で力むので、力が体全体に分散せず肩・腰・膝などに重さが集中して痛めてしまいます。

そのため関節は常に緩んだ状態を維持しなければパフォーマンスが上がらず、怪我しやすい状態になってしまいます。

力まず多関節運動で細やかになる

今一つ力んではいけない理由があります。
関節が固まることで、動作に参加する関節の数が減ってしまうからです。
関節は基本的に回転運動(ヒンジ運動)をします。
そのため一つの関節では直線を描けません。手首や肘だけでまっすぐな線を引けないのです。

武道では相手をまっすぐに押す練習から、書道ではまっすぐな線を書くことから稽古すると良いと言われます。
直線は回転する関節がいくつも連動し見事に協調して実現する奇跡的な出来事です。
簡単に言えば体全体が協調しなければ一本の直線が描けないのです。直線動作は小手先で行わず体全体を連動させる稽古になるわけです。
この力まない事による多関節運動は細やかな動作を可能とし、運動、芸術、工作などあらゆるシーンで必須となります。そのため結果を含め何事にもとらわれずに、心静かに緩みの体(自然体)であることが才能を開花する大切な条件となるのです。

著者:杉原政則氏

極真空手3段
極真空手グループ事務局長
極真空手東京本部長
その他多数の武道経験を持つ
http://karate-tezuka.net/
詳しいプロフィールはこちら

武道/青少年の成長RM 杉原政則の最近記事

  1. 第27回ラジオ体操はやるだけ運動能力が下がる?

  2. 第26回スポーツ界の不祥事はなぜ続くのか?

  3. 第25回教育は身につけるよりも引き出す

  4. 第24回 「空手教室」で教わったことⅡ

  5. 第23回道場で教わったこと2

最近の記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP