RMCA-リスクマネジメントの専門家による寄稿、セミナーや研修・講座などの情報

  1. 武道/青少年の成長RM 杉原政則
  2. 54 view

第30回 なぜ人の悩みはつきないのか?

武道からみる青少年の成長リスクマネジメント

杉原 政則氏

「過去にとらわれない」在りようを体得

道場での稽古目標の一つに「過去にとらわれない」という項目があります。
「なぜ人の悩みはつきないのか?」といえば、それは過去にとらわれるからです。

本来、時間をさかのぼることはできません。

過去にとらわれるということは、実際に過去は存在しませんから、「過去の記憶」にとらわれるということになります。
「過去の記憶」にとらわれると、心が疲弊することはもちろんですが、運動能力にも支障をきたします。
過去の体験での「やり方」「方法」などの形は自分で自分を縛ってしまい、臨機応変な動作を鈍くしてしまいます。
武道のみならず、スポーツや日常生活は似て非なることの積み重ねですから、過去に覚えたパターンは通用しません。
常に未来感覚を持って「どうなるんだろう」「やってみないとわからない」といった未来感が大切です。

未知なる探検が感覚を開く

仮に洞窟を探検するとしましょう?
初めて行く未知なる洞窟であれば「わくわく感」もさることながら「何が起きるかわからない」という思いが体全体の感覚を呼び覚まし、わずかな音や空気の流れを感知することでしょう。
この状態が「感覚が開いた」状態で誰でも感覚の天才状態です。
このときに、よくテレビでやっていますが、ヴァイオリンの「ストラディヴァリウス」と「練習用」との聞き分けも100%可能でしょう。
ちなみに道場でもこの聞き分けの稽古をしています。「武道でなぜ?」と思われるかもしれませんが、武道も音楽も感覚を開くという意味では同じです。
全て基本的なことは共通ですよね。
感覚が開いている状態の時の動きは尋常ではありません。まさに天才的です。

「日常のあたりまえ」が感覚を閉ざす

何度も何度も言ったことのある洞窟を探検するとしましょう。
もはや探検とは呼べないかもしれません。
へたをするとノルマ?
もうどこに何があってどうなっているのかが「記憶」にありますから道筋も全て「記憶」を探り、実際の道はほとんど見ていません。
まさに感覚の閉じた状態で、もし仮に違っているところがあってもほとんど気づきません。
いつもの道なのに「記憶」が邪魔をしていて、むしろ転びやすい、ぶつかりやすい状態といえます。スポーツでも二度同じシチュエーションは在りませんよね。
野球のピッチャーの球は無限の軌道を無限に変化す
る速度でやってきます。サッカーでもテニスでも同じ軌道の球はありえません。
武道でも、同じ場面は2 度とありません。
たとえ同じ相手でも全く同じことは起きません。
にも関わらず、もしパターンで動作を記憶しその記憶に基づいて動くことが主であったら、たちまちやられてしまいます。
記憶をなぞれば最高に鈍い状態ですので、相手の変化に対応できないのです。
よくある妻の変化(髪型など)に夫が気づかないなどもその一例でしょう。

「未来へのわくわく感」が才能を開く

諸行無常の言葉にあるように実際に全く同じ未来はあり得ないのですね。
ましてや人間関係は千変万化しますから、過去の記憶を探っていたらアウトです。
過去の記憶を主とせず、参考程度に時折活用するにとどめ、日頃は不確定な未来にわくわくして過ごす。
日常を同じものの繰り返しとはとらえず、実際変化しているわけですから、その変化をとらえられる開いた感覚。
「どうなるかみてみたい」という不確定な未来へのわくわく感が子供の成長に大切と思っています。
この本来の在りように導ける稽古こそ大切にしていきたいと願っています。

著者:杉原政則氏

極真空手3段
極真空手グループ事務局長
極真空手東京本部長
その他多数の武道経験を持つ
https://budo.tokyo/
http://karate-tezuka.net/
詳しいプロフィールはこちら

武道/青少年の成長RM 杉原政則の最近記事

  1. 第37回 顔の○○の部分が印象の80%を決める!

  2. 第36回 股関節の位置がわかりますか?

  3. 第35回 貴方はどこで食べていますか?

  4. 第34回強制・干渉は教育ではない

  5. 第33回運動雑学-繰り返し練習は意味がない?

最近の記事

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP